読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレー、風にあざみ

TOP|新宿紀伊國屋書店ビル地下1階、元祖サラサラカレーのお店 モンスナック

スープカレーのような、という謳い文句のようにいわゆる北海道名物スープカレー的なものとは違う。しかし見た目以上にしゃばい感じが、一瞬あれっと思うものの食べ進めていくうちにおさまりよく完食できるのだから長年支持されているバランスというのはすごいと思った。市販のカレールウだとデンプンが入っているのでとろみがつくのが前提になっているから、家で食べられる味とは一線を画している。

f:id:tomofumi1981:20160626125316j:plain

汗っかきはもう一生付き合うものだと思って諦めてはいるけれど、一つだけお前の体質を改善してやろうと言ってもらえるならば、治したいのはこの多汗である。度を過ぎた汗のために体を冷やし風邪をひくのは夏の風物詩であるし、出勤時は駅に行くだけでタオル一枚がだめになるし、握手はなるべく控えたい。また乾いたタオルが臭いんである。

 

そんな汗っかきにも一つだけいいことがある、という書き出しを考えてみたけれど本当これといってない。汗をかかないという友人がいたが、体温調整ができないためにスポーツ中に熱中症になりやすいという問題があるのだそうだ。汗をかかないから周りからはまだ頑張れると思われるという、顔色が変わらないからまだ飲めるだろう的な迷惑事情は何かとついてまわるらしい。

カレーは食べたあとに店を出て感じる風のすがすがしさを楽しむためのものである。特に秋が深まった頃、店の外に出ると意外に冷たい風が吹いてきて頬と額がこちんと凍える様子は、冬の訪れを感じるきっかけだ。