読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラス際に恋して

海ぼうず 本店 | 海ぼうずグループ

f:id:tomofumi1981:20161025175256j:plain

f:id:tomofumi1981:20161025183022j:plain

生海苔と肝醤油で食べるサンマの刺し身。大阪東京を移動する間に2時間だけ滞在した静岡駅にて。一人で一時間を過ごすためにネット情報から選び訪問。歴史が伝わってくる看板の様子、店頭の巨大なおでん鍋。カウンター席前にひろがる厨房。ひっきりなしに訪問する予約客。駅ビルのレストラン街でもさほど埋まっているようにも見えない日に、なんとも景気の良い様子。何よりもキッチンが広い店は見ていて楽しい。チェーン展開まっさかりの新しいお店にはなかなか見られないものの一つ。特にチェーンのラーメン屋、よくこのキッチンでできるもんだなと思う店をよく見かける。本部から届くスープと麺がしまえるだけの冷凍冷蔵スペースさえあればということか。腹をただ満たすだけでない食事をするときは、そうでないところを訪ねたいものである。大きなキッチンで店の喧騒感に合わせた抑揚が流れるようすはそれだけでドラマチックだしながめているだけで飯も酒も旨く感じる。ちなみにそんなチェーン店はもちろん現代の食生活に大活躍の常温レトルトや真空パックやで流通する食材は、菌の検査でNGが出やすくなるからという理由である程度塩分や酸度が高くないといけないらしく、大体そういうものが味が濃いというのは当然のこと。

f:id:tomofumi1981:20161025174528j:plain

f:id:tomofumi1981:20161025181334j:plain

f:id:tomofumi1981:20161025175417j:plain