読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流行のあとさき

養老乃瀧 松原団地駅前店│店舗詳細│養老乃瀧グループ

f:id:tomofumi1981:20161203184622j:plain

f:id:tomofumi1981:20161203184705j:plain

人格形成において影響少なからぬ少年期に某グルメ漫画の影響をつよく受けたために、サシが多い肉は脂を食ってるだけで本来の肉の味でないのだ、赤身こそ最高、的な志向を抱きがちになってしまっていた。スーパーで高額な霜降り肉に蔑みの視線を向けて安価な赤身が多いステーキ肉を買って家で焼くものの、やはりパッサパサでもそもそした食感に打ちひしがれて割り切れないまま酔いどれて眠る夜を何度も経験した。赤身肉は、焼く前の温度管理やら筋切りやら厚みに合わせて加熱時間を変えることやら休ませることやら、熟練してないと上手に焼くのが難しい。何より、同じ品種を同じ厚み同じ重量に切り出した肉であってもその個体差を読み取ってプロは加減をしているのだ。そういう技術や経験や知識を踏まえるという前提をすっぽかして、何事も表面だけをなぞって通ぶったことを言うのは本当に恥ずかしいことだと、ほどよいサシの入ったホンマグロに添えられたわさびをつつきながら反省した。養老乃瀧の看板で養老乃瀧のグランドメニューもおいてあるのだけど、実質は鮮魚と手作りおつまみが中心の手書きメニューをぐいぐい推している。魚の鮮度も申し分なく、コスパも良い。過去に一大ムーブメントを起こしてのち成熟したジャンルが、その土壌を開放して地域に根付く店をつくる機会を提供するなんて、エコと感じた次第。

f:id:tomofumi1981:20161203190825j:plain

f:id:tomofumi1981:20161203185139j:plain