空きっ腹に海苔

https://www.instagram.com/tmfmi1981/

肉汁のやり場に困れ

f:id:tomofumi1981:20170606214302j:plain

f:id:tomofumi1981:20170606214540j:plain

f:id:tomofumi1981:20170606215140j:plain

せっかく水気をしっかり含んだいい肉だったのに、切るタイミングを間違えたようで、カットした瞬間肉汁が流れ出してしまった。

焼き固めてじっくり加熱した赤身肉は風船のように張ってくる。こういった場合は無理にステーキにせず冷まして薄くスライスしてもよかった。ステーキにするならもっとサクッと短く焼いてレアにしようと反省。

文頭にも述べたが肉が含んでいる水分というのが実に肝要で、水分の多い少ないでおいしさが変わるというか、おいしく焼けるかどうかが変わる。肉の断面から内側までしっとりしていれば多少乱暴に焼いても均一に火が通る。逆に乾燥がすすんでいると火が通りきるまでの時間を稼ぐことができないので、パサパサになりがちである。霜降りの肉より赤身のほうが肉本来の味が~とはいうものの、上手に焼けていない赤身は噛むだけでしんどい。霜降りは多少乾燥がすすんでようと、脂のおかげで柔らかくしっとりと感じる。せっかくたまに自宅でステーキを、というなら霜降りをそれなりに含むものを選んだほうがやはりいいだろう。もしくはヒレ肉を選ぶか。

切り身で売られているステーキ肉はやはり表面が乾いていることが多いだろうから、できれば精肉売り場で重さを指定してスライスしたてを持って帰るのがベター。