空きっ腹に海苔

https://www.instagram.com/tmfmi1981/

記憶をたしなむ

f:id:tomofumi1981:20171009220328j:plain

土の味がするようで、苦手だった野菜がある。筆頭は里芋。他にはごぼう、にんじんにも土を感じていたし、じゃがいもも、茹でただけの状態のをそのまま口にするのは土臭くて苦手だった印象がある。

アスパラ、ブロッコリー、カリフラワーあたりの草っぽい匂いと辛みというか苦みというか口の残るあの後味のコンビネーションも苦手であった。

大根をおろすと台所に充満する金属的なツンとした匂い。大根はまだ煮れば食べられたが、その匂いをさらに鋭角にしたようなカブは煮てもまだそのクセが残る感じが苦手だった。本当に野菜嫌いの子供であった。

今となってはどれも好き嫌いなく食べられる。大人になると味覚が変わり、舌や鼻の感覚も鈍ってきて、やがて苦手だったものも食べられるようになるという話があるが、どうもそれだけではない気もしている。

f:id:tomofumi1981:20171001142155j:plain

子供の頃はいまよりも、自然が遊びに密着していた。土をほじくったり草をちぎったり木の枝を折ったり。雨に錆びた鉄棒やブランコやで手が鉄臭くなったり。その頃はそんな土や草や鉄やらの匂いを鼻や手のひらに毎日毎日吸いこんでは汚れては遊んでいたんである。

幼い子供は食べたいものを自分で選べない。母親なり家族が作る食事が口にするすべてである。そんな自分にとって、もっと美味しそうなものが他にあるのに何で野菜みたいに、土みたいな草みたいな、苦くて妙な匂いのするものを食べないといけないのだと憤っていたのだと思う。

さて大人になって気がつけば、土や草の匂いにかこまれて遊ぶこととも遠ざかり自ら汚れてまではしゃぐこともなくなった。食べたいものを好きなときに好きなだけ選んで食べることができるようにもなった。すると、遠ざかった昔の匂いが野菜の中にあることに気づいて懐かしみが湧く。けっして大好物になったわけではないが、妙にひと口、もうひと口と後を引いて味わっていたりする。